CBDグミ食べ過ぎたらどうなるの?

CBDグミ食べ過ぎたらどうなるの?

気持ちが大きくなって危険な行動に出たり・めちゃくちゃな運転をしてしまったり、制御できない精神的な影響が及ぼされることから麻薬は日本では禁止されています。

使用することはもちろん持っているだけでも逮捕、芸能人が捕まっている報道がニュースで流れていることも多くご存じの方が多いでしょう。

実はCBDグミ、ごく普通のお菓子のグミに見えてその中に入っているCBDの原材料は麻薬と同じくヘンプなのです。

なので同じように恐ろしい作用があるのではと不安を感じているのではないでしょうか。

でも原材料は同じですが成分は全くの別物、麻薬に入っているのはCBDではなくTHCです。

その他にも100種類以上のカンナビノイドがあるヘンプ、ヘンプそのものが危険なのではなくその中のごく一部の成分が恐ろしい作用を持っているというだけです。

むしろCBDは健康を増進させ精神を活性化させてくれてとおすすめの成分、ストレス社会の現代を生きる我々ですからもっとCBD製品が身近に出回って取り入れる方が増え、もう少し住みやすい世の中になってほしいものです。

CBDグミ、おやつ感覚でパクパクと食べた結果もしかしたら気分が悪くなった方もいるかもしれません。

特に初心者だとどれくらいの量が適量か分からず摂りすぎることは多々あるのです。

グミならばまだしも、リキッドは気化した煙を吸い込むといった摂取方法なので素人には調整が難しくつい思いっきり吸い込んでしまいがちです。

でもしばらく横になっていたら落ち着くはずです。

わざわざ病院に行く必要なし、大げさに捉えなくても大丈夫です。

ご飯を食べ過ぎた時だって気持ちが悪くて吐き気がした・横になっていたなんてことはあるでしょう。

それと同じです。

毒性の低いCBD、たとえ1500㎎もの大容量を毎日摂取したとしても危険な副作用が起こらないといった臨床実験の結果も得られています。

口の中が乾きやすくなった・頭痛やめまいが起きた・疲労感や倦怠感を感じた、これらが今までに起こった副作用・どれも深刻ではないことが分かるでしょう。